酸素と活性酸素〜活性酸素

Sponsored Link

酸素と活性酸素

活性酸素とは、活性化された酸素のことで、酸化力の強い酸素です。
空気中の酸素は、O2で安定していますが、活性酸素はマイナスの電子を持っているため、自分が安定しようとして、プラスの電子を持ったものと反応しようとします。
活性酸素は不安定なので、安定しようと周りの物質から電子を奪いとっていきます。
奪い取られたほうから見ると、その物質が酸化したという事になります。

 

活性酸素はその力が強く、細胞を酸化(サビ)させてしまうので問題になります。

 

活性酸素の種類は、スーパーオキサイドラジカル、過酸化水素、一重項酸素、ハイドロキシルラジカル(ヒドロキシラジカル)の4種類です。

 

スーパーオキサイドラジカル
細胞内でミトコンドリアが酸素からエネルギーを生成するときに発生する活性酸素で、最も頻繁に発生する活性酸素です。
人間の体内でもっとも大量に発生するが、他に比べると反応性が低く、身体に与える影響も少ないと考えられています。
スーパーオキシドラジカルは、白血球などの免疫細胞が、体内に侵入してきた細菌を攻撃するときにも大量に発生します。
活性酸素としてのパワーはそれほど強力ではありませんが、別の強力な活性酸素に変化することもあります。

 

過酸化水素
消毒液のオキシドールとして有名なのが、この過酸化水素水です。
活性酸素としての反応力は強くありませんが、わずかなきっかけで2つに別れ、ヒドロキシラジカルなど他の強力な活性酸素に変化しやすい活性酸素です。

 

一重項酸素
紫外線や放射線に当たると体内で大量に発生します。
主に皮膚や目に害を与えます。
皮膚を形成しているタンパク質や脂肪を酸化・変質させて、しみやしわの原因にもなります。

 

ハイドロキシラジカル
強力な酸化力を持った危険な活性酸素です。
脂質、糖質、タンパク質など近くにあるあらゆる化合物と反応してしまうので、体内への影響力が最も強い活性酸素です。
体内で細胞膜や遺伝子を攻撃し細胞を壊してしまうことが多い反面、反応性が強いため、特に体内に影響を及ぼさない化合物と反応し、無害な物質となって排出されることもあります。

Sponsored Link