活性酸素の増加原因〜活性酸素

Sponsored Link

活性酸素の増加原因

タバコ
タバコの煙には、活性酸素の一種である過酸化水素が含まれています。
また、タバコの成分であるタールが体内に入ると、それを除去しようと免疫システムが働き大量の活性酸素が発生します。

 

紫外線・X線・大気汚染
紫外線やX線に当たると、主に皮膚の細胞に大量の活性酸素が発生します。
長期間に渡って浴び続けていると、細胞内のDNAにも損傷を与え、がん細胞化する場合もあります。
それだけではありません、排気ガスなど大気汚染なども活性酸素発生の原因となります。

 

食品添加物・残留農薬・化学物質
加工食品などの中に含まれている食品添加物や、残留農薬が肝臓内で解毒される際に、非常に多くの活性酸素が発生します。
また、洗剤、化粧品などに含まれる化学物質も同様です。

 

大量のアルコール
アルコールが体内に入ると、肝臓内でアルコール脱水素酵素やアセトアルデヒド脱水素酵素により、アセトアルデヒドから酢酸へと分解・解毒されますが、その過程で大量の活性酸素が発生します。

 

激しい運動
激しい運動をすると、酸素消費量が増加するので、同時に活性酸素の発生量も増加します。

 

電磁波
携帯電話やパソコン、電気製品からの電磁波も体内の活性酸素を増加します。

Sponsored Link