抗酸化作用〜活性酸素

Sponsored Link

抗酸化作用

抗酸化作用は、活性酸素から体を守るための作用です。

 

抗酸化作用とは、酸化によって鉄が錆びるのと同様に人間の体が錆びるのを防ぐ作用のことを言います。
「体が錆びる」とは、具体的には体の酸化が原因で老化やガン、生活習慣病(糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下等)などになることを指します。
これを防ぐのが抗酸化作用です。

 

抗酸化作用には体内でつくられる「抗酸化酵素」と、体外から取り入れる「抗酸化物質」の2つがあります。

Sponsored Link